40代の化粧品選びは浸透力がポイント!

40代になると化粧品が浸透しにくくなったのはなぜ?

40代になると化粧品が浸透しにくくなったのはなぜ?

40代になってから、急激にこれまでの化粧品が浸透しにくく、ベタつくようになりました。これはどうしてですか?

実は基礎化粧品は、年齢と共に浸透しにくさを感じるようになってきます。その大きな理由は、お肌のターンオーバーの乱れなのです。

 

お肌のターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質がお肌の表面に残りやすくなります。すると、この古い角質が邪魔をして、化粧水や美容液の浸透を妨げてしまいます。

 

また、年齢と共にお肌が乾燥すると、硬くなってしまいますよね。硬くなったお肌には成分が浸透しにくく、これが原因でさらに乾燥が悪化するという悪循環を繰り返すことになるのです。

 

浸透力にこだわりのある基礎化粧品に切り替えてみてください。

 

基礎化粧品をお肌に浸透させるためのコツ

せっかく良い成分をたっぷり配合してある基礎化粧品なのに、40代のゴワゴワ肌には、なかなか思うように浸透してくれない…そんな困った事態になってしまい、悩んでいる方も少なくありませんよね。そこで、ちょっとしたコツを加えることで、浸透力をアップさせてしまいましょう!

 

クレンジングや洗顔を見直そう!

浸透力に大きく関係しているのは、実はクレンジングや洗顔です。クレンジングや洗顔の中には、メイクや埃などの汚れだけではなく、お肌の表面の古い角質までスッキリ除去してくれるような優れものもあります。

 

そういったクレンジング、洗顔を用いて、いつもより丁寧な「落とすケア」をしてみてください。

 

  • クレンジングは温めてよく馴染ませる
  • 洗顔はきめ細かい泡を転がすように洗う
  • すすぎは30回以上丁寧に行う

 

これらのポイントに気を付ければ、お肌の汚れや古い角質がスッキリ除去され、化粧水や美容液が浸透しやすい状態に整います。

 

化粧水で拭き取りを!

クレンジングや洗顔では古い角質を落とし切れないという場合には、拭き取りケアが効果的です。

 

  • ステップ1:コットンにたっぷりの化粧水を含ませる
  • ステップ2:お肌全体を優しく拭き取る

 

たったこれだけのケアで良いので簡単ですね。ただし、ごしごしこすらないように注意してください。

 

拭き取りには、拭き取り専用の化粧水というものもあります。そういったものを使用してみるのも良いでしょう。

 

ブースター化粧水・美容液を使用

保湿のための化粧水を使用する前に使うのが、「ブースター」と言われるタイプの化粧水や美容液です。これらはお肌を柔らかくする効果があり、その後に使用するアイテムの浸透力を高めてくれます。

 

ランキングで人気のエイジングケア化粧品の中では、アスタリフトに「ブースター美容液」が含まれますね。こういった物を使ってみるのも1つの方法です。

 

コットンの使い方を工夫

コットンで化粧水を塗布するだけでは、なかなか浸透してくれません。

 

  • コットンで細かく毛穴に叩き込む(パッティング)
  • 化粧水に浸したコットンでマスクする

 

こういった方法で「これでもか!」というくらいに化粧水を含ませていけば、お肌の内側までしっかり届けることができるのです。コットンも使い方1つで基礎化粧品の効果を大きく変えることができるので、しっかり有効活用していきたいですね。

40代化粧品ランキングTOPへ