40代のアンチエイジング化粧品は刺激が強い?

刺激を感じないアンチエイジング化粧品ってありますか?

刺激を感じないアンチエイジング化粧品ってありますか?

敏感肌で、アンチエイジング用の化粧品は色々試したけれど、どれもピリピリしてしまいます。そんな私でも安心して使えるアンチエイジング化粧品ってあるのでしょうか?

敏感肌の方は、化粧品に含まれる成分のちょっとした刺激に敏感に反応してしまいます。アンチエイジングを目的とした化粧品は、特に多くの美容成分を配合してあるため、そんな刺激を感じやすいというデメリットがあります。

 

ですが、全てのアンチエイジング化粧品がそうなのかと言えば、そういうわけではありません。お肌に刺激を与えてしまうような成分を極力排除し、優しい自然の成分だけで作られたようなものもありますので、そういったものから試してみると良いでしょう。

 

あるいは、シンプルなケアを徹底することで敏感肌を立て直してから、アンチエイジング化粧品にチャレンジしてみるというのも1つの方法です。

 

自然由来の成分配合のものは刺激が少ないのでおすすめです。

 

敏感肌とエイジング悩みの切っても切れない関係とは?

敏感肌に悩まされている方は、同時に「エイジング悩みがひどい」ということにも悩まされていたりします。実は、この敏感肌とエイジング悩みとは、切っても切れない深い関係があるものなのです。

 

敏感肌が起こる原因

そもそも敏感肌というのが何なのかと言うと、これはお肌の表面を守っているはずの「バリア機能」が低下してしまった状態です。そのため、ちょっとした刺激に対してもデリケートになってしまい、様々な症状を起こしてしまいます。

 

  • ピリピリとしみる
  • 赤みが出る
  • 肌が荒れる

 

これらの症状を引き起こす刺激は、洗浄剤である場合もあれば、なんと「美肌になるため」に使用している化粧品であることもあります。

 

なぜこのような状態になってしまうのか、その原因にはいくつか知られているものがあります。

 

  • ゴシゴシ洗浄してお肌のバリア機能を壊してしまう
  • 合わない化粧品を使い続けている
  • 生活習慣の乱れで免疫機能が弱っている

 

思い当たるものがある方は、すぐにこれらの原因を排除するようにしたいですね。

 

敏感肌になるとエイジング悩みも加速する!

様々な原因により、誰もがなってしまう可能性のある「敏感肌」。この状態になってしまうと、シミやシワなど様々なエイジング悩みも加速してしまうことが分かっています。

 

エイジング悩みの大きな原因として挙げられるのが、

  • 紫外線
  • 乾燥
  • ターンオーバーの低下

といったものですね。

 

バリア機能が低下している敏感肌だと、紫外線の影響を受けやすく、またお肌の表面からも潤いが逃げやすくなっています。そして乾燥したお肌はターンオーバーが低下しやすく、くすんだり、シワやシミが起こりやすくなってしまうのです。

 

このように、敏感肌とエイジング悩みは深く関係し合っているのですね。

 

敏感肌を立て直してエイジングケアを!

そこで重要になってくるのが、肌質そのものを改善していくスキンケアです。いくら強力なアンチエイジング化粧品を用いても、お肌が健やかでなければ効果も得られにくくなりますし、かえって刺激になり、お肌にストレスを与えてしまうかもしれません。

 

敏感肌の立て直しには、

  • 摩擦などの刺激を極力無くす
  • お肌に合う化粧品を見つける
  • 生活習慣を整えて免疫機能を高める

といった、原因に対する対策が重要になります。

 

それから、毎日のスキンケアでは潤いをたっぷり与え、さらに油分でしっかり肌表面を保護して、お肌の水分バランスを整えていきましょう。

 

こうしてお肌を健やかに整えたうえで、エイジングケア化粧品を使用していけば、より高い効果を実感することができるでしょう。

40代化粧品ランキングTOPへ